うまくいったりいかなかったり

今月最初の傾聴の日。

 

 

今日はなんだかうまくいかなかった。

 

何話したらいいか、言葉が何も出てこなくて、

長い1時間になってしまった。。

 

 

傾聴は

ここの施設で過ごす人たちに必要なことなのだろうか、、、

 

そんな気持ちで終わってしまった。

 

 

 

他の施設と比べても、

ここでの傾聴ボランティアはとても難しいと思う、と、何人かの先輩が口を揃えて言う。

 

だから、ここでやれたら、ほかでも大丈夫!とか。

うーーん。。。

 

 

私たちは7期生、つまりこれまでにもボランティアをしようと、セミナーを受けた人がたくさんいるはずなんだけど、
なかなか、みんな、続けていくことはむずかしいんだろうな、と、こういう日のあとはどうしても思ってしまう。


そんな弱音を吐くと、
そうね、わかるわかる、

どうしてこんなことしてるんだろうって、思ってしまったりね。。って、先輩方もこぼしてた。

 

 

でも、どうしてここの施設でやりにくいか、という話になると、やっぱり、

施設が傾聴に対して理解してくれてるか、協力的か、そこが他と違う、、らしい。。。

 

 

でも、こないだは楽しくできたんだけどなぁ。。

 

 

 

 

 

こないだと同じようにやったつもりでも、

やっぱり相手は人間で、

こっちも人間で、

 

同じ結果にならないのも当たり前なんだけど。。

 

 

 

必要とされてるのか、

いつも確認したくなる。

 

 

 

 

とりあえず、頭切り替ないと。

 

 

てことで、

ご飯も作ったので、ちょっくら、ジムへ。

 

あーーーー、もうすぐ、スピードスケートも始まるーーー!!

小平選手と高木選手!ドキドキしながら応援しながら体動かしてこよ。

 

 

 

あ!ノルディックもやってた!!!

 

この寒さのおかげで。

赤目の氷瀑

 

 

数日前から行こう!と決め、急に登山靴とアイゼンを購入して

週末を楽しみに待ってた。

 

 

起きたら

外は真っ白だった。

 

全国的に雪が降ってたようで、

実家の山口も雪が降ったと知らせが入った。

 

 

 

赤目に向かう途中も、道が凍結して、

数台、事故してるとこにも遭遇して、

赤目までたどり着けるのか、不安になりながら、

赤目に無事到着!

 

 

まさかこんなお天気になるとは思わなかったけど、

 

こんな雪景色に出会えてとても楽しかった。

 f:id:mfragaria:20180215143532j:image

 

f:id:mfragaria:20180215141346j:image

 

 

雪山に登る人たちの気持ちが

少しわかった気がしたくらい、

 

雪景色を何枚も写真におさめたくなるくらい、

何度も立ち止まっては

眺めたり、感動したり

 

 

 

楽しかった。

 

初めてのアイゼンをはめて

ザクザクと雪の中をはしゃいで歩いて、

 

 

 f:id:mfragaria:20180215142108j:image 

川にも氷がはってた!

 

 

 

 f:id:mfragaria:20180215141952j:image

 

 

 

 

f:id:mfragaria:20180215140815j:image

 

f:id:mfragaria:20180215140838j:image

 

f:id:mfragaria:20180215141937j:image

 

前日と前々日は、雨が降り、気温も上がり、
大きなつららも、滝の氷も
だいぶ溶けてたみたいだけど、


今年のこの寒さのおかげで
こんなに雄大な景色を見ることもできて、

寒いのはどっちかというと苦手だけど、
この気候のお陰で、素晴らしい景色を目にすることができました

 

ほんと、行ってよかったーー

 

 

 

しかし

寒いのはやっぱり辛いので

早く

あったかくなあれ。

 

 

 

 

 

八朔

実家の父は畑でいろいろ作ってて、

 

去年の冬帰ったときに、

畑でできたという八朔をもらって帰ったら

すごくおいしかったので、

こないだ四十九日で実家に戻ったときも

何個か持って帰ろうと思ってたんだけど、

 

 

帰ってみたら、

みかん箱が三箱つんであって、

全部八朔がいっぱい入ってた。

 

帰るたびにやっぱり八朔の木も

大きくなっていて、

だからか、

たくさんなってた。

 

 

ということで、

送ってもらった!

(こっちのスーパーで買った方が

当然安いんだけど)

 

f:id:mfragaria:20180207161114j:image

 

ちょっと酸っぱいんやけど、

この酸っぱいのもまたおいしい。

 

 

友達や、こないだ戻ってきた息子にも

おっそわけしたよ☆

 

 

最近始めた花書と一緒に。

 

f:id:mfragaria:20180207161528j:image

 

これ、「逢」という字。

 

 

 

 

まどか

先日、

東京に移った友人が大阪に戻ってきて、

上本町で会うことになったので、

 

どこでランチをしようか探してたら、

 

すんごい久しぶりのお店を見つけた!!!

 

 

お好み焼き屋の圓(まどか)!!

 

ネットで探してるとき、

最初は読み過ごしてたくらい、すっかりその存在を忘れてたんだけど、

 

大阪に来てすぐの頃に、美味しいからってある人に連れて来てもらったとこで、

 

カウンターだけの、昔ながらのお店で、

職人的な手さばきでコナ?か、山芋?か、なにかをかき混ぜてて、それに感動したことや、

神社とかにあるような、筒状の物の中に棒が数本入ってて、かしゃかしゃ振ってひっくり返して一本引き当てるクジが確か、あったことや、

 

とにかく美味しかったこと、おもいだして、

 

 

すんごい行きたくなったので、

ひっさしぶりに上本町ハイハイタウンに行き、お店を探した。

 

ほんとに久しぶりで、なかなか場所が見つけられなかったんだけど、

やっと辿り着いたら、まさかの、2月1日まで臨時休業、、、

(そこへ行った日は1月30日)

 

とても悲しかったのだけど、

 

このままお好み焼きを食べないわけにいかなくなって、

 

その下の階の、ほんぽこていに行ってきた!

 

ここもそいえば千日前沿いの本店にずいぶん昔に行ったことあって、なのでここも久しぶりだった!!

 

f:id:mfragaria:20180207160223j:image

 

圓のお好み焼き食べたかったけど、

ここもおいしかった!

 

やっぱり豚玉が1番美味しい。

 

 

 

また、いつか、上本町行くときは

圓、行きたいなぁ。。。

 

 

 

 

 

楽しかった

傾聴のボランティアには 

1つの場所に月に1度、

もう1つ別の場所に月に2回、計 月3回行っていて、

 

その月2回行っているところは 初めて行ってから今のところ、

私なんかが行って、役に立つのか、

ここで過ごす人たちには、私たちボランティアが役に立っているのか、

毎回 やる気がなくなって終わっていた。

 

でも、

今回は、

楽しかった。

 

私は 数人の方とおしゃべりしたのだけど、

 

最初におしゃべりさせてもらった方は、

最初のうちは、とても笑顔だったのだけど、そのうち 無表情になってきて、静かにしといて! と おっしゃられたので、

ありがとうございました、と その場を離れ、

また違う方とおしゃべりをした。

 

 

ここの施設は、特別養護老人ホームで、要介護4、5以上の方ばかりで、

 

もう一つ行ってるところは 

デイサービスで来られてる方とおしゃべりするので、

そことは随分様子が違う。

急にとてもムラがあったり、

話をすることが難しかったり、ほとんど寝ていたり。。

 

 

で、二人もに話したその方も、認知症は随分進んでいるものの、

私がお話したときは、

会話がチグハグにもなりながらも、

なんども同じ話をしながらも、

一応、会話として成立してて、

 

お年を伺ったら、祖母と同じ歳だった。

 

というか、

お年を聞いたら、63歳 とおっしゃってたんだけど、

誕生日を聞いたら、祖母と同じ年に生まれた方だったので、

すぐにその方の年齢がわかった。

 

10分か、20分か、もうちょっとそばにいたかもしれないけど、

 

そこのスタッフや、いつもきているボランティアの方も、

今日は すごい喋るね!!! どしたん!!

すごい笑顔やし!

娘さん呼ばんといけんくらいや!

 

って おっしゃってて

 

とてもすごく嬉しかった♪

そして、すぐそばにおられた利用者さんともみんなでお話もできて、

とても賑やかな日になって、

とても楽しかった。

 

ボランティアを長くされてる方が言ってた。

 

ボランティアは 楽しくないとできないって。

苦しかったり、辛かったり、我慢しなきゃいけなかったり、

 

それでは、ボランティアは続けていけないって。

 

 

 

傾聴ボランティアを通して、

これからも誰かのそばに寄り添うことを続けていきたいと、

とても強く思った。

 

 

 

 

おじいさん

f:id:mfragaria:20180118143326j:image

 

 

うちのおじいさんは

 

こんな

ほのぼのな感じじゃなく

 

 

いつも大きな声で喋り(耳が遠かったからだけど)

豪快に笑い

言い出したら聞かない頑固者で

 

いびきがほんとに大きくて、今まで生きてきておじいちゃんより大きいいびきの人にまだ会ったことがないくらいで

 

 

でも、鳥を育てるのと、盆栽が大好きで、

あと、鯉も大切にしてて

 

仕事を引退したあとも、

いつもサスペンダーをして、

毛糸の帽子かぶって

庭に出て、作業していた。

そんな姿がすぐに浮かんでくる。

 

 

実家を離れて暮らす私が

久しぶりに家に帰って

 

そしたら嬉しそうに

私を鶏小屋に呼んで、

 

みほ、ほれ、見てみぃ!

 

と、ほんとうれしそうに

小さなひよこを自分の頭に乗せて

見せてくれたのも

 

よく覚えてる。

 

 

おばあちゃんが倒れて

病院によく通ってた時も、

おじいちゃんが

看護師さんにうるさく言ったり、

病院に備え付けのテーブルもあるのに、

大工だったおじいちゃんは、

おばあちゃんに、ベットで使うためのテーブル作ったり、

おばあちゃんの介護のしかたについても、

病室でよく喧嘩もしたな。。。

 

 

 ほんとにうるさいおじいちゃんやったけど笑

 

 

 家にも

おばあちゃんの歩行の練習用にと、

家から庭にかけて、スロープと手すりと屋根を作ったり、

 

お風呂に、おばあちゃんを椅子に乗せて入れられるようにと、滑車を作ったり、、

 

(出来上がったそれを見たら、私でも落ちそうで怖くて乗れなさそうなやつ)

 

 

あのとき、もうすでに85過ぎてたよな、、、

 

 

でも、

そんなおじいちゃんが、

去年、11月に亡くなった。

 

 

今週末は四十九日。

 

四十九日とは、

閻魔大王が、亡くなった人が極楽浄土に行けるかどうかの判決を下す日なのだそう。

 

ほんとに信心深かったおじいちゃん。

 

毎日毎日、朝、神棚に手を合わせて、祈っていた姿は小さな頃から見ていた。

 

 

 

ああ、おじいちゃん、

ほんとに亡くなったんやなぁ。。。

 

 

 

 

 

おじいちゃんが、

無事、極楽浄土に行けますように。。

 

 

 

 

 

カスカラティー

久しぶりに

髪を切った。

その帰りに

久しぶりにどこかでお茶をしようと


まだ行ったことなかった喫茶店へ。



ふぅぅぅ。。
久しぶりのジャズー。。
落ち着く。。



そして、
メニューに
見たことない名前の飲み物のメニューがあったので


頼んでみました。






カスカラティー。


ローズヒップに似てるとか。




五分蒸らして


さて

では、いただきまーす







あー。
お茶みたいだーーー


・・・落ち着く。



ローズヒップに似てるかどうかは???

でも、ポリフエノールたっぷりで
抗酸化作用もあって
アンチエイジングにいいらしい。



そして




ここに置いてある

この絵本が


落ち着くーー。



「おじいさん」。

おじいさん。

そう、あしたから

ちょっと、山口へ帰省。


うちの
おじいさんの四十九日のために。